初詣と研究職業

初詣と研究職業6

職業と仕事

初詣と研究職業6

初詣と情報工学研究者

情報工学研究者とは?
AI(人工知能)の研究やメディアネットワークの構築など、ハード・ソフト両面から具体的に研究する。文型の研究分野とも関連が深い。
情報工学研究者になるには?
大学・大学院や専門学校卒が多い。資格、特にないが、研究機関は大学院卒が一般的。
情報工学研究者の業態など
常用雇用が一般的。企業の情報管理部門やメディア系分野、研究機関など。需要は今後も増加見込み。独立、ベンチャーとして期待。

初詣と電気化学研究者

電気化学研究者とは?
電気化学とは、電気的な化学反応を起こす物質や現象を研究する学問である。主に、金属などの分子や原子に電気的な刺激を与えたときの反応を応用した新材料の開発を行う。
電気化学研究者になるには?
大学・大学院卒業以上。九州大学工学部エネルギー科学科などが有名。
電気化学研究者の業態など
大学や企業の研究員として就業する。太陽電池や燃料電池、光触媒など、電気化学をベースとした素材はたいへん注目されており、これらを扱う企業の人材需要は高い。

初詣と材料工学研究者

材料工学研究者とは?
ものを構成する材料について研究する。新素材や金属をはじめ様々な材料の組成・構造・機能を工学的に解明。人々の生活の基盤になるものを作る。
材料工学研究者になるには?
大学・大学院卒が一般的。
材料工学研究者の業態など
大学で常用雇用。関連学部を置いている大学は、全国で約76。ニーズは非常に高い。

初詣と生命工学研究者

生命工学研究者とは?
生物工学ともいう。生命現象を研究、解明することを第一に、解明された生命のメカニズムを応用、新しい物質や技術を開発する。
生命工学研究者になるには?
最低でも修士の学位を求める企業が多い。
生命工学研究者の業態など
一般企業で研究職として常用雇用が多い。シンクタンクや官庁に進む者もいる。特定の研究所でしか扱ってない新しい研究分野も多い。


初詣と研究職業TOPに戻る