初詣と研究職業

初詣と研究職業5

職業と仕事

初詣と研究職業5

初詣と教育学研究者

教育学研究者とは?
教育全般に関連する研究を行う。教育の基礎概念や理論と実践、また教育病理現象の実態とその背景を研究する臨床教育学など研究対象は多岐に渡る。また、社会の複雑化や情報化・国際化などの時代の変化に応じて、あらゆる学問を総合的に研究対象科学とする分野がある。
教育学研究者になるには?
大学・大学院卒
教育学研究者の業態など
大学での常用雇用が一般的。全国に教育学系学部設置の大学がある。

初詣と機械工学研究者

機械工学研究者とは?
統計や、材料、環境から受ける影響など機械全般を研究する。熱力学や流体力学、トライボロジーなどの研究領域がある。情報工学とも深く関連。最近では、ナノテクノロジーに注目が集まっている。
機械工学研究者になるには?
大学・大学院卒が一般的。業務内容・雇用形態・研究分野に応じて取得する。
機械工学研究者の業態など
大学や企業にて常用雇用が多い。

初詣と鉄道車両研究者

鉄道車両研究者とは?
電気機関車など鉄道車両に関する全ての分野を対象に、開発・統計、環境、安全性などの研究を行う。
鉄道車両研究者になるには?
大学・大学院卒が一般的。
鉄道車両研究者の業態など
鉄道関連研究機関にて常用雇用。

初詣と船舶研究者

船舶研究者とは?
船舶の安全性や生産性を考えながら、開発・設計・船体ぎ装や航法装置など船舶全般の研究する。「造船技術者」は特に開発・設計・維持を行う。
船舶研究者になるには?
大学・大学院卒以上。専攻は工学部や海洋工学科など。
船舶研究者の業態など
大学、船舶関連企業などで常時雇用。「造船技術者」は、全国にある重工業関連事業所や製作所に勤務することも。


初詣と研究職業TOPに戻る